販売事業部

鰹節原料カツオ供給

鰹節原料のであるカツオ供給は、山川町漁協の基幹事業です。山川地区の鰹節製造業者へ安定したカツオ原魚を供給する為、かつお漁船の入港促進に努めております。

かつお漁法の変遷 ~一本釣り漁業からまき網漁業へ~

かつお一本釣漁業が主体となっていたかつお漁業も、昭和55年のオイルショックを境に、国の施策による減船に伴い、海外まき網漁業へと移行していきます。
当地区もこれらに対処しつつ、昭和59年(1984年)外港東部の埋立てを行い、水産加工業団地及び漁港整備を行いました。
その後、受入施設である冷蔵庫施設の整備(国、県、指宿市、水産加工組合、漁協)を行い、さらなる発展を続けています。

カツオ一本釣り漁業(近海)概要

撒餌と疑似餌を使ってカツオを捕まえます。豪快なカツオ一本釣りで使用される釣り針には「返し」がついておらず、釣り上げた魚は空中で竿を振って釣り針から外し、船内に落下させます。

時期によりますが、種子島・屋久島・奄美大島・宮古島・石垣島周辺まで行き、漁獲されたカツオは船倉の水氷(海水と氷)で冷やしながら早い時は2~3日で帰ってくるが、漁場が遠くなると5~7日位かかることもあるそうです。

海外まき網漁業の概要

海外まき網漁業は、漁業法上「大中型まき網漁業」に分されており、かつお・まぐろ類を対象に操業する「単船式まき網漁業」の総称です。

  • 総トン数349t~760t
  • 乗組員数20~25名程度
  • 漁獲対象魚種は主に、かつお・まぐろ類
  • 1隻あたりの漁獲物積載能力は700t~1,000t

我が国の海外まき網船は、国内の漁船の中では大型の部類に入りますが、世界のまき網船と比較すると最も小型の部類で、魚倉容積、速力、魚群探索用ヘリコプター搭載等の点で大きく遅れており、経済性、効率性の点で大幅に不利な条件で国際競争を強いられているのが現状です。

主流漁場である南方漁場(中西部太平洋海域)は、ミクロネシア連邦、カロリン諸島、マーシャル諸島周辺まで行き、約1ヶ月~1ヶ月半で帰ってきます。これは網で漁をしますが、船の大きさは全長約60m、網の長さが1,600~2,000m、幅は200m位で、本船から搭載船のレッコボートが降ろされ投網開始、これを基点にして、本船が魚群を包囲しながら網を引いて基点に帰ってきて、環まきワイヤーを巻込み、機械で網を巻き上げます。漁獲物を本船の魚倉に取り込み船の中で凍結します。この漁業の特徴は単船式で一度に大量の漁獲物を凍結可能なブライン凍結方式を採用しており、主として日本近海で操業している船団式まき網漁業に比べて合理的な操業形態を採用している点にあり、このカツオのほとんどが鰹節の原料になります。

一部のカツオはPS(P=purse seine(巾着船)S=special)と呼ばれ、徹底的な温度管理のもとに凍結され水揚後、超低温冷蔵庫に保管されます。後日加工場に出荷され凍結したまま冷蔵庫の中で電気ノコギリで切断し、身と骨を切り離して刺身になり、この刺身はロイン、フィレと呼ばれています。

海外まき網船が入港すると7時前から水揚げを行います。船の中に35人程の船内作業員が入り、カツオをモッコ網に入れてクレーンで陸の流し台に落とされ、コンベアーを使って選別機にかけられるが、大きさによって用途や値段が異なる為、20人程の魚種魚体選別作業員を使い、正しく選別が行なわれるようにしています。選別された魚は約1トンの鉄の箱に入れられ、計量をして、加工場もしくは冷凍庫へ保管され、後日加工場に運ばれ加工されます。船には700~1,000トンほど魚が積まれているので、水揚げするのに約3日を要します

南方漁場(外地)ってどこ?

我が国の海外まき網漁業にとって主流となっている南方漁場は、赤道直下のミクロネシア連邦・カロリン諸島・マーシャル諸島周辺です。

「冷凍かつお」荷さばき作業の流れ

入港・水揚船が増加する事は・・・

・行政需要の発生
・基幹産業(かつお節)の原料の安定供給
・地域雇用の促進
・地域商店街への波及効果
・交流人口の増加
に繋がるものと確信いたします。